英語喫茶モバイル看板




てはじめの英語学習の目次へ


28日目-wouldの応用-


I'd like to(〜がしたい)
 「I'd like to+動詞の原形」で、「〜をしたい」という意味で使うことができます。
 「I want to+動詞の原形」や「I like to+動詞の原形」も同じ意味ですが、それらよりも丁寧な言い方になります。
 
 「I'd」は、「I would」の短縮形のことです。会話では「I'd」にするのが普通です。

I'd like to watch a soccer game on TV tonight.
(今夜はサッカーの試合をテレビで見たいです。)
I'd like to see her.
(彼女に会いたいです。)


 また、「to+動詞の原形」のない I'd like にしてから、その後に名詞を続けると「(名詞)がほしい」という意味で使うことができます。
 
I'd like a drink.
(飲み物がほしいです。)
I'd like a glass of wine.
(グラス1杯のワインがほしいです。)


 ところで、上の「wine」は数えられない名詞に入ります。
 これを数えるときは a glass of 〜 のようにして使います。
 他にも a cup of 〜 「カップ1杯の」などがあります。
 
a cup of coffee(コーヒーを1杯)
a bottle of beer(ビールを1本)
 
 2杯などのように、複数を表す場合は、「a cup of」のほうを複数形にします。
two cups of coffee
(コーヒーを2杯)
two bottles of beer
(ビールを2本)



Would you like to(〜をしませんか)
 「Would you like to+動詞の原形」は、「〜をしませんか」というように相手を誘う意味になります。
 
Would you like to come with me?
(一緒に行きませんか。)
Would you like to eat out with me?
(一緒に食事をしに行きませんか。)


 また「to+動詞の原形」のない Would you like の後に名詞を続けると、「(名詞)はいかがですか」というように相手に何かを勧める意味になります。

Would you like some more coffee?
(コーヒーをもう少しいかがですか。)
Would you like a cookie?
(クッキーはいかがですか。)



 これで「てはじめの英語学習」は終了です。
 お疲れ様でした。


 さらに学習を進めたい方は、「基礎からの英語学習」に進んでください。
 


てはじめの英語学習の目次へ









Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます