英語喫茶モバイル看板




てはじめの英語学習の目次へ


25日目-接続Bと条件文-


when(〜をしたとき)
 「when」を接続詞として「〜をしたとき」や、「〜をしたら」という意味で使うことができます。
 たとえば You should not drive when you drink. は「飲んだときは運転してはいけません。」となります。この「when」は接続詞として使うので、後ろには「主語+動詞」が続きます。

---------------
You should not drive when you drink.

You should not drive
(運転してはいけません)

when you drink
(飲んだとき)

「when」は接続詞なので、その後ろは「主語+動詞」になります。
---------------


His English was very good when he was young.
(彼が若かったとき、彼の英語はとてもよかった。)
She had a cold when the seasons changed.
(彼女は季節の変わり目に風邪をひきました。)



if(もしも、)
 「if」は「もしも〜なら」というように、条件を表すために使うことができます。
 たとえば If you run, you will get there in time. は、「もしもあなたが走れば、間に合うでしょう。」という意味です。このとき If you run が「もしもあなたが走れば」というように、条件を表します。

If you speak slowly, I can understand you.
(もしもゆっくり話してくれたら、私はあなたの言うことが理解できます。)
If you have any problems, I'll help you.
(もしも何か問題があるのならば、手伝ってあげますよ。)
If you don't have any money, I can lend you some.
(もしもお金が全くないのなら、いくらか貸してあげられます。)
If John calls, tell him I'll call back later.
(もしもジョンが電話をしてきたら、彼にあとから電話をすると伝えてください。)
If you are tired, we will go home.
(もしも疲れているのならば、家に帰りましょう。)



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



てはじめの英語学習の目次へ









Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます