英語喫茶モバイル看板




てはじめの英語学習の目次へ


22日目-存在文とhaveの応用-


There is(〜があります)
 「There is 〜」は、「〜があります」や「〜がいます」というように、ある存在を表します。
 型は<There+be動詞+主語>というようになりますが、主語とbe動詞の語順が逆になっているので特殊な文型になります。そしてbe動詞の形(単数と複数のどちらに対応する形か)は、後ろに続く主語に合わせます。

There is a post office across the street.
(郵便局は通りの向こう側にあります。)
There are some trees in the park.
(公園にはいくつかの木々があります。)
There was a good movie on TV.
(いい映画がテレビでありました。)
 
 1つ目の例では「is」が使われています。しかし2つ目で「are」が使われているのは、主語がthereではないからです。
 主語は動詞の後ろにあり、この場合、some trees が相当します。
 
 
 しかし疑問文にする場合は、thereを主語として扱うことになります。
 したがって、be動詞とthereの語順が逆になります。
 
Are there any letters for me?
(私に手紙はありませんか。)



「have+名詞」(状態、動作)
 「have」の基本的な意味は「持つ」です。たとえば次のような文です。
 
I have two hundred books.
(私は200冊の本を持っています。)
I have two brothers.
(私には2人の弟がいます。)


 しかし「have」に続ける名詞によっては、状態や動作を表すこともできます。
 
We will have a party.
(私達はパーティーをします。)
I have three lessons today.
(今日は3つの授業があります。)
Have a good time.
(楽しんでください。)
Let's have a rest.
(一休みしましょう。)
I have a swim after work.
(私は仕事の後にひと泳ぎします。)


 また、状態を表すことができるので、次のように体調を表すためにも使えます。
 
have a headache(頭痛)
have a stomachache(腹痛)
have a toothache(歯痛)
have a backache(腰痛)

have a sore throat(のどが痛む)
have sore eyes(目が痛む)
have a sore foot(足が痛む)

I have a stomachache.
(腹痛がします。)
I have a sore throat.
(のどが痛みます。)



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



てはじめの英語学習の目次へ









Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます