英語喫茶モバイル看板




てはじめの英語学習の目次へ


19日目-前置詞A-


in と at(場所の前置詞その1)
 「in」や「at」は、前回の時の前置詞として使いますが、場所の前置詞としても使います(時の前置詞については18日目を参照してください)。
 「in」には「〜の中に」という意味があります。そして「at」には「〜で」というように、「ある地点」の意味があります。
 
 そこで「彼は庭にいます。」の場合は、彼が庭の中にいると考えられるので He is in the garden. になります。
 しかし「彼女はバス停にいます。」の場合は、彼女がバス停という「ある地点」にいると考えられるので She is at the bus stop. になります。

in a box(箱の中に)
in a room(部屋の中に)
in the sea(海の中に)

We played in the park.
(私達は公園で遊びました。)


at the door(ドアのところに)
at the traffic light(信号機で)
at the end of the hall(廊下の突き当たりで)



「on」(場所の前置詞その2)
 「on」は「〜の上に」という意味がありますが、基本は「〜に接して」という意味です。
 そこで、何かの上ではなくただ壁や天井に接している場合でも「on」を使うことになります。

A book is on the table.
(本がテーブルの上にあります。)
A clock is on the wall.
(時計が壁に掛かっています。)
A light is on the ceiling.
(明かりは天井についています。)

 2つ目の例のように、物が壁に掛かっている場合、または3つ目の例のように天井についている場合でも、「接している」ところから、「on」が使われます。



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



てはじめの英語学習の目次へ









Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます