英語喫茶モバイル看板




てはじめの英語学習の目次へ


14日目-副詞@-


副詞の基本
 I opened the door. は「私はドアを開けた。」という意味です。
 この文に「slowly」を加えてI opened the door slowly.とすると、「私はドアをゆっくり開けた。」となります。「slowly」は「ゆっくり」という意味の「副詞」ですが、このように副詞は動詞を修飾して表現を加えることができます。

Please don't speak quickly.
(早く話さないでください。)
[quickly = すばやく]
She suddenly stopped.
(彼女は突然止まった。)
He should speak clearly.
(彼ははっきりと話した方がいい。)
[clearly = 明らかに、はっきりと]



here と there(場所の副詞)
 「here」は「ここに」という意味で、「there」は「そこに」という意味です。
 「here」は「近い」意味で、「there」は「here」よりも「遠い」意味です。
 場所を表す副詞は、文尾に置くのが普通です。

She lives here.
(彼女はここに住んでいます。)
She will be here.
(彼女はここに来るでしょう。)
John's house is here.
(ジョンの家はここにあります。)

She lives there.
(彼女はそこに住んでいます。)
She will be there.
(彼女はそこへ行くでしょう。)



ago(〜前:時の副詞)
 「ago」は「(今から)〜前」という意味です。
 文尾で使いますが、「時」を表す語句を前において、セットして使います。
 これははっきりとした過去のある時点を指すことになるので、過去形の文で使うことになります。したがって次の3つの例は全て過去形です。

My father died ten years ago.
(私の父は10年前に亡くなりました。)
She started her job three years ago.
(彼女は3年前に仕事を始めました。)
He arrived in Hakodate two days ago.
(彼は2日前に函館に到着しました。)



今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



てはじめの英語学習の目次へ









Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます