英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 72-助動詞と完了形-


may have+過去分詞(「may」の応用)
 「may have+過去分詞」は、「〜をしたかもしれない」という意味です。これは、過去のことに対しての「推測」を表します。

She may have forgotten about it.
(彼女は忘れたのかもしれない。)
He may have read my diary already.
(彼はすでに私の日記を読んでしまっただろう。)

 前回のDay71でふれた「should have+過去分詞」も同じ意味で使うことができますが、「推測」の意味では、この「may have+過去分詞」のほうを使い、「should have+過去分詞」は「後悔」や「非難」を表す場合に使います。

 このように、「may have+過去分詞」は過去のことに対しての「推測」なので、次のように「possible」を使って表すことができます。
 
It is possible that she forgot about it.
 
 「that」の後は過去形ですが、その前は現在形になります。



can't have+過去分詞(「can」の応用)
 「can't have+過去分詞」で、「〜をしたはずがない」という意味になります。これは過去のことに対しての「推測」を表します。
 この意味は上の「may have+過去分詞」と似ていますが、肯定の意味の場合は上の「may」を使います。そして否定の意味の場合は、この「can't」のほうを使います。

They can't have seen it.
(彼らがそれを見たはずがない。)
Mary can't have told a lie.
(メアリーがうそをついたはずがない。)


 「can't have+過去分詞」は、次のように「possible」を使って書き換えることができます。
 
It is not possible that they saw it.

 「that」の後は過去形になります。そしてその前は現在形ですが、否定になっています。



must have+過去分詞(「must」の応用)
 「must have+過去分詞」で、「〜だったにちがいない」という意味になります。
 これは過去のことに対しての「推測」を表すことができます。
 しかし推測の意味でも、「〜にちがいない」というように「断定」をすることになります。当然、「1」の「may have+過去分詞」よりも強い意味になります。

She must have dreamed.
(彼女は夢を見たに違いない。)
They must have been pleased.
(彼らは喜んだことだろう。)

 「must have+過去分詞」は、次のように書き換えることができます。
 この場合「断定」を意味するので「may」や「can」とは異なり、「possible」ではなく「certain」のほうを使います。
 
It is certain that she dreamed.

 「that」の後は過去形になります。その前は現在形です。



基礎からの英語学習の記述式練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

助動詞+完了形の文について
問題数:5問




「基礎からの英語学習」のレッスンはこれで終わりになります。
これまで本当にお疲れ様でした。



基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます