英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 71-wouldとshouldの応用-


I'd rather(むしろ〜をしたい:「would」の応用)
 I would に「rather」と動詞の原形を続けて、「むしろ〜をしたい」という意味で使うことができます。(had rather を代わりに使う場合があります。)

I don't want to stay home.  I'd rather go out.
(私は家にいたくはありません。私はむしろ出かけたいです。)
I'd rather wait and see.
(どちらかというと静観したいです。)

 また、「than」を後に続けることで、「〜をするよりは、むしろ〜をしたい」という意味で使うこともできます。
 
I'd rather eat out than cook at home.
(家で料理をするよりは外食をしたいです。)
I'd rather be an engineer than an office worker.
(私は事務職員になるよりは技術者になりたいです。)



should have+過去分詞(「should」の応用1)
 「should have+過去分詞」で、「〜をすればよかった」や「〜をしなければならなかった」という意味で使うことができます。
 これは「何かをするべきだったのにそれをしなかった」というように、「後悔」または「非難」の意味で使うことになります。
 
 「have」の後には、「過去分詞」が続きます。過去形ではありません。

You should have stopped it.
(それをやめておけばよかったのに。)
I should have told you about it.
(そのことについて話しておけばよかった。)
He should have accepted the responsibility.
(彼が責任を取るべきだったんだ。)


 否定は「shouldn't have」にします。そうすると「〜をすべきではなかった」という意味になります。
 
I shouldn't have tried to do that.
(そんなことをしようとするべきではなかった。)
I shouldn't have said such a thing.
(そのようなことを言うべきではなかった。)



基礎からの英語学習の記述式練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

I'd rather の文について
問題数:5問


should have の文について
問題数:5問




今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます