英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 69-複合関係代名詞と複合関係副詞-


複合関係代名詞
 関係代名詞の「who」、「which」、「what」の語尾に、「ever」がついた語を「複合関係代名詞」といいます。
 これは関係代名詞のように使うことができますが、複合関係代名詞には先行詞が含まれています。
 次にこれらの3つの複合関係代名詞について説明していきます。

・<whoever>
 @「〜をするものは誰でも」や、A「誰が〜をしようとも」というように2つの意味があります。

@You may tell whoever wants to know about it.
(それについて知りたいと思っている人なら誰にでも教えていいですよ。)

AWhoever calls on me, tell them I am out.
(誰がたずねてきたとしても、私は出かけていると伝えてください。)

 「whoever」が目的語として使われている場合は、「whomever」を使うことができます。しかし、口語では「whoever」のほうを使います。


・<whichever>
@「どれでも」や、A「どちらが〜をしようとも」というように2つの意味があります。
 
@You can take whichever you like.
(あなたが好きなものをどれでも取っていっていいですよ。)

AWhichever you buy, new computers will be sold soon.
(どれを買ったとしても、新しいコンピュータがすぐに発売されます。)

・<whatever>
 @「〜をするものは何でも」や、A「どんな〜をしようとも」というように2つの意味があります。
 
@You may do whatever you like.
(何でも好きなことをしてもいいですよ。)

AWhatever happens, we must calm down.
(どんなことが起ころうとも、私達は気を落ち着けなければならない。)



複合関係副詞
 関係副詞の「where」、「when」、「how」の語尾に、「ever」がついた語を「複合関係副詞」といいます。
 複合関係副詞にも先行詞が含まれています。そして「副詞」として、文全体の補足をします。

・<wherever>
 「どこへでも」や、「どこで〜をしようとも」という意味です。
 
She followed him wherever he went.
(彼女は彼の行くところはどこへでもついて行きました。)
Wherever you are, I think of you.
(あなたがどこにいようとも、私はあなたのことを思います。)


・<whenever>
 「〜をするときはいつでも」や、「いつ〜をしようとも」という意味です。
 
I'll advise you whenever you need.
(必要なときはいつでも助言をします。)
Whenever I see him, he smiles at me.
(いつ私が彼に会おうとも、彼は私に微笑みます。)


・<however>
 「どんなに〜をしようとも」という意味です。「いつでも」や「どこでも」というような意味ではありません。
 そして程度を表すので形容詞や副詞を続けます。
 
However late you are, come here.
(どんなに遅れても、ここに来なさい。)
However much you succeed, you have to continue your effort.
(どれだけ成功したとしても、努力を続けなければなりません。)



基礎からの英語学習の記述式練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

複合関係代名詞について
問題数:5問


複合関係副詞について
問題数:5問




今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます