英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 68-関係副詞-


「when」(関係副詞その1)
 関係副詞は接続詞的な副詞として使います。
 関係副詞の「when」は、「時」を表す先行詞を限定します。たとえば次の例を見てください。

Don't forget the time when we first met.
(私達が初めて会った時を忘れないでください。)

 上の例で先行詞は「the time」です。この文は次の2つを一緒にしています。
 
@Don't forget the time.
AWe first met at the time.

 Aの「at the time」は、@の「the time」のことです。これを「when」に置き換えてから一緒にしています。





 「at the time」が1語の「when」だけで置き換えられるのは、「前置詞+関係代名詞」が「関係副詞」になるからです。
 
at the time

at which

when

She came to see the university on the day when it was demolished.
(彼女は大学が解体される日に、それを見に来ました。)
It rained on the night when we broke up.
(別れたその夜は雨が降っていました。)



「where」(関係副詞その2)
 関係副詞の「where」は、「場所」を表す先行詞を限定します。次の例を見てください。
 
This is the town where I was born.
(これは私が生まれた街です。)

 上の例で先行詞は「the town」で、「where」がそのことについて限定しています。
 この文は次の2つからできています。
 
@This is the town.
AI was born in the town.

 Aの「in the town」を、「where」に置き換えてから一緒にしています。

We are looking for the restaurant where we ate dinner last week.
(私達は先週夕食を取ったレストランを探しています。)
We went to the church where we had our wedding.
(私達が結婚式を挙げた教会へ行って来ました。)



「why」(関係副詞その3)
 関係副詞の「why」は、「理由」を表す「reason」を先行詞として限定します。先行詞を「reason」だけに限定しているところが特徴です。

The reason why he was late is unknown.
(彼が遅れた理由はわかりません。)

 先行詞は「The reason」です。上の例は次の2つからできています。
 
@The reason is unknown.
AHe was late for it.

 Aの「it」が、@の「The reason」のことです。Aの「for it」を「why」に置き換えてから、文を一緒にします。(このとき「for it」は「for which」になります。それから「why」になります。)

He wants to know the reason why she said farewell.
(彼女が別れを告げた理由を彼は知りたいと思っています。)
There is no reason why I should wait.
(待つほうがいいという理由はありません。)



「how」(関係副詞その4)
 関係副詞の「how」は「どのようにして」というように、「方法」を表します。
 方法を表すところから、先行詞は「the way」と考えられますが、the way how という型では使われていません。「how」または「the way」のどちらかを使います。

Let me know how he did it.
(彼がそれをどのようにやったのかを教えてください。)
This is the way she opened the box.
(このようにして彼女はその箱を開けました。)



基礎からの英語学習の記述式練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

関係副詞(when, where)について
問題数:5問


関係副詞(why, how)について
問題数:5問




今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。
u


基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます