英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 62-知覚動詞-


知覚動詞とは?
 知覚動詞とは、見たり、聞いたり、感じたりすることを表す動詞のことをいいます。
 たとえば、「see」、「hear」、「feel」、「smell」などがあります。
 
 これらの知覚動詞に目的語を続けてから、動詞の原形(原形不定詞)またはing形(現在分詞)、または過去分詞のいずれかを続けて使います。
 
 動詞の原形(原形不定詞)の場合が、「〜がするのを」を表し、ing形(現在分詞)の場合が、「〜がしているのを」を表します。そして過去分詞は、「〜をされるのを」を表します。次からはそれぞれについて見ていきます。



「〜がするのを」(知覚動詞その1)
 知覚動詞の後の目的語に動詞の原形(原形不定詞)を続けると、「〜がするのを」という意味で使うことができます。
 たとえば I saw the girl cross the street. は「私は女の子が通りを横切るのを見ました。」という意味になります。





I heard the bell ring.
(私はベルが鳴るのを聞きました。)
I felt my fear rise.
(私は恐怖感が増すのを感じました。)



「〜がしているのを」(知覚動詞その2)
 知覚動詞の後の目的語にing形(現在分詞)を続けると、「〜がしているのを」という意味になります。
 このing形は進行している動作を表すので、その進行中の動作を知覚する意味が含まれます。

I saw the girl crossing the street.
(女の子が通りを横切っているのを見ました。)
I heard a bird singing.
(私は鳥が歌っているのを聞きました。)
I felt her weeping.
(私は彼女が泣いているような気がした。)



「〜がされるのを」(知覚動詞その3)
 知覚動詞の後の目的語に過去分詞を続けると、「〜がされるのを」という意味になります。
 過去分詞には受動的な意味があるので、たとえば I heard my name called. は、「私は自分の名前が呼ばれたのを聞きました。」という意味になります。

He saw the window broken by somebody.
(彼は窓が誰かによって割られるのを見ました。)



基礎からの英語学習の記述式練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

知覚動詞について
問題数:5問




今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます