英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 59-分詞と分詞構文-


分詞の種類(現在分詞と過去分詞)
 分詞の種類には、現在分詞と過去分詞の2つがあります。
 現在分詞とは、簡単に言うと「動詞のing形」のことです。この他動名詞も同じ形としてありますが、これら2つを特に区別する必要はありません。

 過去分詞とは、簡単に言うと、動詞の語尾に「ed」をつけた形のことです。これは過去形と同じですが、形態上は同じでも過去形とは違います。
 
 これらの分詞は形容詞として使うことができます。その場合、1語(分詞のみ)ならば名詞の前に置いて、その名詞を修飾します。しかし、他の語句が加わると、名詞の後ろに置いて修飾します。
 
 それから、分詞にはもう1つ分詞構文としての使い方があります。次にこの分詞構文について見ていきます。



分詞構文
 分詞構文とは、接続詞的に使うことができます。しかし、文語的になります。
 分詞構文では、まず現在分詞か過去分詞を文頭におきます。そして分詞構文は普通、「,」で区切ります。
 意味は主に「〜をしたとき」というように「when」の意味や、「理由」の他、「〜をしながら」というように「付帯状況」を表します。しかし、どの意味なのかは文脈で判断しなければなりません。

 次は現在分詞による分詞構文の例です。
 
Seeing him, she smiled at him.
(= When she saw him, she smiled at him.)
(彼を見たとき、彼女は彼に微笑みました。)
Reading a magazine, he felt hungry.
(= While he was reading a magazine, he felt hungry.)
(雑誌を読んでいるときに、彼は空腹を感じました。)

---------------
Reading a magazine, he felt hungry.
分詞構文(現在分詞は能動的意味)
---------------


 次は過去分詞による分詞構文の例です。
 
Asked some questions, she was not able to answer.
(= When she was asked some questions, she was not able to answer.)
(いくつか質問を聞かれたとき、彼女は答えることができなかった。)

---------------
Asked some questions, she was not able to answer.
分詞構文(過去分詞は受動的意味)
---------------


 さらに分詞構文の例を見ていきます。
 
Being a teacher, he has to study teaching methods.
(= Since he is a teacher, he has to study teaching methods.)
(彼は先生なので、教授法を勉強しなければなりません。)
Having much time, she was happy.
(= Since she had much time, she was happy.)
(時間がたくさんあったので、彼女はうれしいと感じていました。)
Looking at me, he waved his hand.
(彼は私のほうを見ながら、手を振りました。)

 ところで、次のような完了形の分詞は、もう一方の文(主節)の動詞よりも、時間的にさらに以前の時を表します。
 
Having received an email, I deleted it.
(= After I had received an email, I deleted it.)
(Eメールを受信した後で、私はそれを削除しました。)



基礎からの英語学習の記述式練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

分詞構文について
問題数:5問




今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます