英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 54-preferの比較-


senior to、junior to(比較)
 「senior」と「junior」はラテン語を由来とする比較級で、それぞれ「年上の」、「年下の」という意味があります。そして比較をする場合は、「than」を使わずに「to」を使います。次はラテン語由来の、その他の比較級です。
 
major(大きい方の)
minor(小さい方の)
superior(すぐれた)
inferior(劣った)
prior(前の)
posterior(後ろの)

He is five years senior to me.
(彼は私よりも5歳年上です。)
She is junior to me.
(彼女は私よりも年下です。)
You are superior to me.
(あなたは私よりも優れています。)
I am inferior to him.
(私は彼よりも劣っています。)
The constitution is prior to all other laws.
(憲法は他の全ての法律に優先します。)



「prefer」(〜のほうを好む)と「rather than」(むしろ〜だ)
 「prefer」は「〜のほうを好む」という意味を持つラテン語由来の「動詞」です。
 比較の意味を含んでいるので、同じ「好む」という意味の動詞「like」とは感じが違います。そして比較をする場合は、「1」と同じで「to」を使います。

I prefer tea to coffee.
(私はコーヒーよりもお茶のほうが好きです。)
I prefer a fountain pen to a ball-point pen.
(ボールペンよりも万年筆が好きです。)

 また、上の文は比較の対象に「名詞」だけを置いていますが、「動詞」を置くこともできます。その場合は「to+動詞の原形(to不定詞)」を「prefer」に続けます。しかし、2つ目の「to」には、そのまま動詞を続けることができません。そこで後の「to」にも動詞を続けるためには、「rather than」を「to」の前に加えます。
 
I prefer to stay here rather than to go there.
(そこに行くよりもここにいたい。)
I prefer to watch TV rather than to study.
(勉強をするよりもテレビを見たい。)

---------------
× I prefer to stay here to go there.
I prefer to stay here rather than to go there.
「rather than」を「to」の前におきます。
---------------


 ところで、この「rather than」は<A rather than B>という型で、「BよりもむしろA」というように「選択」や「修正」の意味で使うことができます。
 
He is a teacher rather than a scholar.
(彼は学者というよりは教師だ。)
It rained rather than snowed.
(雪というよりは雨が降っていた。)

She is pretty rather than beautiful.
(彼女は綺麗というよりもかわいらしいです。)



基礎からの英語学習の記述式練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

senior, junior などについて
問題数:5問


prefer の構文について
問題数:5問




今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます