英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 42-「ある人」の代名詞-


「somebody」(ある人)など
 「somebody」または「someone」は、「誰か」や「ある人」という意味で「肯定文」で使います。否定文と疑問文では、「anybody」または「anyone」を使います。これは「some」と「any」の場合と同じです。
 
 また「人」の意味ではなく、「物」に対してはそれぞれ「something」と「anything」を使います。そしてこれらは全て、単数として扱います。

There is somebody waiting for you.
(誰かがあなたを待っていますよ。)
There is something on the shelf.
(棚の上に何かがありますよ。)
I will play something on the violin.
(ヴァイオリンで何か弾きましょう。)
Is there anybody in the room?
(部屋に誰かいますか。)

 単数として扱かわれるので、be動詞には「is」が使われています。
 次は否定文の例です。

I haven't seen anybody.
(私は誰にも会いませんでした。)
I don't know anything about it.
(私はそのことについて何も知りません。)

 「anybody」と「anything」を否定文で使うと、それぞれ「誰もいない」と「何もない」というように、全体を否定する意味になります。これも「any」と同じ使い方になります。


 また、「誰もいない」や「何もない」という意味では、否定語の「nobody」、「no one」、「nothing」があります。
 
There was nobody in the room.
(部屋には誰もいなかった。)
I know nothing about it.
(私はそのことについて何も知りません。)
I have nothing to eat.
(食べ物が何もありません。)

 「anybody」と「anything」は否定文と疑問文で使うのが普通ですが、もしも肯定文で使うと、それぞれ「誰でも」と「何でも」という意味になります。これも「any」と同じ使い方になります。
 
Anybody can do it.
(誰でもそれをすることができます。)
You may take anything.
(何でも持っていっていいですよ。)
I will do anything.
(何でもしましょう。)

 それから同じ「誰でも」という意味では、「every」を加えた「everybody」または「everyone」もあります。また物に対して「何でも」という意味では、「everything」もあります。これらはそれぞれ「誰でも」と「何でも」という意味から、複数扱いのように思えますがどちらも「単数」として扱います。
 
Everybody loves music.
(誰もが音楽を愛します。)
Everything is all right.
(全て順調です。)
Everything is true.
(全てが本当です。)

 単数として扱うので、動詞は上の3例とも単数にあわせた形になっています。



「each other」と「one another」(お互いに)
 「each other」と「one another」は、どちらも「お互いに」という意味です。「お互いに」という意味から、動詞を修飾(副詞として)するように思われるかもしれませんが、これらは代名詞です。しかし同じ代名詞でも、主語としては使わないのが普通です。
 したがって、目的語を必要とする動詞(他動詞)や、with(前置詞)の後に続けて使います。

We love each other.
(私達はお互いに愛し合っています。)
We talked with each other.
(私達はお互いに語り合いました。)



基礎からの英語学習の記述式練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

somebody、something などについて
問題数:5問


nobody、everybody などについて
問題数:5問




今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます