英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day3-used toとwould-


used toとwould
 前回でふれた「used to」は過去の習慣を表しますが、「would」も過去の習慣をあらわすために使うことができます。
 ただし「would」は動作をあらわすことができますが、状態をあらわすことができません。(この場合の状態とは進行形にできない動詞のことです。たとえば「live」(住む)などです。)
 
 また、過去をあらわす副詞と一緒に使わなければなりません。
 I used to go skiing every Sunday in winter. を「would」を使って書き換えると、次のようにします。
 
I would go skiing every Sunday in winter when I was a child.
 
 上のように when 〜 などの過去の時点を表す副詞を続けます。
 
 

「慣れる」の補足説明
 前回の中で「〜に慣れている」の意味の「be used to」についてふれましたが、「慣れる」という意味では「get used to」もあります。
 違いは「be used to」は「〜に慣れている」というようにすでに慣れている状態をあらわしますが「get used to」は不慣れだったものが「慣れる」というように「変化」を意味します。

I'm used to driving.
(私は運転に慣れています。)
You will soon get used to driving.
(あなたはすぐに運転に慣れるでしょう。)

She is used to working in the office.
(彼女はそのオフィスで働くことに慣れています。)
She got used to working in the office.
(彼女はそのオフィスで働くことに慣れました。)

 過去の習慣を表す「used to」の「to」の後には動詞を続けますが、この「be used to」または「get used to」の「to」の後には、「ing形」の動詞を続けます。



基礎からの英語学習の練習問題
 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

慣れるの表現について
問題数:5問


今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます