英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 27-場所の副詞awayとfar-


「away」と「far」
 「away」は「離れて」、「去って」、「遠くへ」というように比較的意味が多いです。「far」には場所の意味では、「はるかに」や「遠くに」という意味があります。副詞の他形容詞としても使われます。
 
 2つの意味は似ていますが、「away」は「向こうへ」という意味が感じられ、「far」は「距離が遠い」という意味が感じられます。
 しかし、「far」は単独では否定文と疑問文で使います。肯定文では使わないのが普通です。

He walked away to the door.
(彼はドアの方へ歩いていった。)
The village is five miles away from here.
(村はここから5マイルです。)
She went away.
(彼女は立ち去った。)

How far is it to the village?
(その村までどのくらいありますか。)
We don't have time to go far.
(遠くに行くのに時間がありません。)

My house is not far from the station.
(私の家は駅から遠くはありません。)
Her report of the meeting was far from satisfactory.
(彼女の会議の報告書は満足のいくものではなかった。)

 上のように「far from」には「〜から遠い」という意味がありますが、ほど遠いというところから「少しもない」という意味もあります。



「far」
 「far」と「away」が一緒になった「faraway」は副詞でなく形容詞です。「遠く離れた」という意味で、名詞の前だけに置いて使います(限定用法)。
 
a faraway place


 また、「as far as」は「〜をする限り」や、「〜まで(場所)」という意味があります。

As far as I know, she will come next week.
(私の知る限りでは、来週彼女は来るでしょう。)
As far as I can remember, the hotel is thirty years old.
(私の記憶する限りでは、そのホテルは30年経っています。)
As far as the eye could see, the desert stretched.
(見渡す限り、砂漠が広がっていた。)
He went as far as Kyoto.
(彼は京都まで行った。)
He walked with her as far as the sea.
(彼は彼女と海まで散歩をした。)

 上のように「as far as+主語+動詞(節)」で「〜をする限り」という意味で使われます。<as far as+場所>では、「〜まで」という意味になります。
 否定文では最初の「as」が「so」になった、「so far as」が代わりに使われることもあります。



基礎からの英語学習の記述式練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

away と far について
問題数:5問


as far as について
問題数:5問




今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます