英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 26-場所の副詞-


「here」と「there」(場所の副詞1)
 「here」は「ここに」、「there」は「そこに」という意味です。「there」は「here」よりも「遠い」意味があります。これらのような場所をあらわす副詞は、文尾におくのが普通です。

She lives here.
(彼女はここに住んでいます。)
She will be here.
(彼女はここに来るでしょう。)
John's house is here.
(ジョンの家はここにあります。)


She lives there.
(彼女はそこに住んでいます。)
She will be there.
(彼女はそこへ行くでしょう。)



「somewhere」と「anywhere」(場所の副詞2)
 どちらも「どこかに」という意味があります。「somewhere」は肯定文、「anywhere」は否定文と疑問文で使います。
これらは「some」と「any」に「where」がついた「複合語」のため、使い分けも「some」と「any」の場合と同じになります。(しかし、副詞としてだけ使うので、形容詞のように名詞を修飾することができません。)

She needed somewhere to stay.
(彼女はどこかに泊まる所が必要だった。)
I think I have met you somewhere.
(私はあなたにどこかで会ったと思います。)
Did you go anywhere during the summer holidays?
(夏休みの間どこかに行きましたか。)
Did they go anywhere yesterday?
(昨日、彼らはどこかへ行きましたか。)
We are not going anywhere tonight.
(私達は今夜どこへも行きません。)



「everywhere」と「nowhere」(場所の副詞3)
 「everywhere」は「至る所に」や「どこでも」という意味があります。
 「nowhere」は「どこにもない」という意味です。これらも「every」と「no」に、「where」がついた複合語です。

I see her everywhere.
(私は彼女を至る所で見ます。)

We went nowhere last Sunday.
(この前の日曜日はどこへも行かなかった。)



基礎からの英語学習の記述式練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

somewhere と anywhere について
問題数:5問


here、there、everywhere、nowhere について
問題数:5問




今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます