英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 25-副詞の作り方-


副詞の作り方
 動作や行為を表す副詞の多くは、形容詞に「ly」をつけてつくります。

1<形容詞の語尾に「ly」をつける>
 「bad」や「sudden」などの語尾に、「ly」をつけるだけです。
 
bad → badly(悪く)
sudden → suddenly(突然に)
 
 上は基本的な約束事です。
 以下の4つの作り方については、ただ感じでつかむ程度にしてください。


2<形容詞の語尾の「y」を、「i」にかえてから「ly」をつける>
 「happy」などの語尾「y」は、「i」にかえてから「ly」をつけます。
 
happy → happily(幸せに、楽しく)


3<形容詞の語尾の「e」は、そのままにして「ly」をつける>
 「extreme」などの語尾「e」は、そのままにして「ly」をつけます。
 
extreme → extremely(極端に、ひじょうに)


4<形容詞の語尾の「ll」には、「y」だけをつける>
 「full」などの語尾「ll」には、「y」だけをつけます。
 
full → fully(十分に)


5<形容詞の語尾が「母音+l」には、「ly」をつける>
 「beautiful」などの語尾「母音+l」には、そのまま「ly」をつけます。
 
beautiful → beautifully(美しく)
final → finally(ついに)



副詞の作り方(例外1)
 例外として@形容詞と副詞の形が全く違うもの、A形容詞と副詞の形が同じもの、B形容詞としてだけ使われるものがあります。
 @の形容詞と副詞の形が違う例として、形容詞「good」の副詞は「well」になります。「good」を副詞として普通は使いません。
 
 Aの形容詞と副詞の形が同じ例では「fast」などがあり、よく使われるものが多いです。たとえば次のような例があります。これらは当然形容詞としても使うことができます。
 
late(遅れて)
near(近くに)
hard(熱心に)
high(高く)
direct(まっすぐに)
enough(十分に)
daily(毎日)
low(低く)


The streetcar arrived ten minutes late.
(市電は10分遅れで到着した。)
He worked hard.
(彼は一生懸命働いた。)
An airplane flew low.
(飛行機は低空で飛んだ。)


 Bの形容詞としてだけ使われる例には「lonely」があります。



副詞の作り方(例外2)
 上の形容詞と副詞の形が同じものでも、語尾に「ly」のつくものがあります。たとえば形容詞の「direct」には、「direct」と「directly」の2つの副詞があります。
 このとき2つの副詞の意味はあまりかわりませんが、全く意味が変わる副詞もあります。次は意味が変わらない例と変わる例です。

・<意味があまり変わらない例>
quick(すばやく)
slow(ゆっくり)
loud(大声で)
clear(はっきりと)
tight(かたく)
bright(明るく)


・<意味が変わる例>
hard(熱心に)→ hardly(ほとんどしない) 
close(近く)→ closely(綿密に)
late(遅れて) → lately(最近)
high(高く)→ highly(非常に)
near(近くに)→ nearly(ほとんど)


He stayed up late.
(彼は遅くまで起きていた。)
[stay up = 寝ないで起きている(= sit up)]
He has published the book lately.
(彼は最近本を出版した。)

He can sing high.
(彼は高い声で歌うことができる。)
He was highly pleased.
(彼は非常に喜んだ。)



基礎からの英語学習の記述式練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

副詞の形について(その1)
問題数:5問


副詞の形について(その2)
問題数:5問




今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます