英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 22-数の形容詞、allとmostとno、everyとeach-


「all」、「most」、「no」(全て、たいてい、少しもない)
 「all」は「全ての」、「most」は「たいていの」という意味です。そして「no」は「少しもない」というように否定的な意味です。まずは「all」の使い方からふれていきます。

All people are not happy.
(全ての人々が幸福ではありません。)
The teacher wrote all papers.
(その先生が全ての論文を書きました。)

Everything will be all right.
(万事うまくいくでしょう。)


 次は「most」の使い方についてふれていきます。名詞の前に置いて使います(形容詞として)。

Most people think so.
(たいていの人々はそう考えます。)

 上の「most」は、漠然とした「たいてい」や「多くの」という意味です。
 この「most」を次のように、「of」と一緒に使うこともできます(代名詞として)。

Most of the girls like movies.
(ほとんどの女の子は映画が好きです。)

 この「most」は、「〜のほとんど」や「〜の大部分」というようにある程度特定した意味になります。「of」を使い、「あるものの中から」という意味になるからです。そしてその「あるもの」というのは、ある程度話し手に知られていることになります。
 
 「of」の後の名詞には「the」をつけます。しかし、「them」や「us」などの代名詞が続いている場合は「the」をつけません。次はその例になります。
 
Most of them like movies.
(彼らのほとんどは映画が好きです。)


 次は「no」の使い方についてです。これも名詞の前においてつかいます(形容詞として)。

He has no sisters.
(彼には姉妹が1人もいません。)
She gave no answer.
(彼女は何の返答もしなかった。)


It's no joke.
(決して冗談ではありません。)
I'm no fool.
(決してバカではありません。)



「every」と「each」(「あらゆる」と「各々」)
 「every」は「あらゆる」や「全ての」、「each」は「各々」や「めいめい」という意味です。どちらも単数名詞の前において使います。意味的に複数ですが、単数として扱います。(複数名詞は単数名詞に変えて使います。)
 
 「1」でふれた「all」は「ひとまとまりの全て」を意味しますが、「every」も同じ「全て」を意味します。しかし、その中の1つ1つを念頭に入れます。
 「every」は「each」の意味も持っていますが、「each」のほうがより個々に考えます。

@He presented a diploma to every student.
(学生全員に卒業証書を渡した。)
AHe presented a diploma to each student.
(学生めいめいに卒業証書を渡した。)

@は全ての学生に卒業証書を渡したという意味で「all」に近いです。
(=He presented diplomas to all the students.)
 それに対して、Aも全ての学生に渡したという意味では同じですが、個々の学生の顔を見ながら渡したという意味が含まれます。



Not every man can be rich.
(誰もが金持ちになれるわけではありません。)
She numbered each paper.
(彼女は1枚1枚にページ番号をつけました。)


 「every day」は「毎日」、「every week」は「毎週」という意味ですが、「every」に数詞を続けて「〜ごとに」という意味で使うことができます。
 このときの名詞は複数形になります。
 
every four days(4日ごとに)
every five hours(5時間ごとに)



基礎からの英語学習の記述式練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

all、most、no について
問題数:5問


every とeach について
問題数:5問




今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。


基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます