英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 21-数の形容詞、a fewとa little、anyとsomeなど-


「a few」と「a little」(少しの)
 「a few」と「a little」は、どちらも「少しの〜」という意味です。「a few」は可算名詞に、「a little」は不可算名詞に使われます。また「a few」の後の名詞は、複数形になります。

I can speak a few words of French.
(私は少しのフランスの言葉を話せます。)
She drank a little wine.
(彼女は少しのワインを飲みました。)



「any」と「some」(いくつかの)
 「any」と「some」は、「いくつかの〜」という意味です。可算名詞と不可算名詞に関係なく使うことができます。しかし「any」は否定文と疑問文、「some」は肯定文に使うのが普通です。

I have some money.
(私はいくらかのお金を持っています。)
Do you have any brothers?
(だれか兄弟はいますか。)
I don't have any CD.
(私はCDをまったく持っていません。)


 「some」と「any」には「いくつかの」という意味がありますが、含まれているニュアンスが少し違います。「any」は「不特定」を含みますが、「some」は「あるもの」というように、「ぼんやりとした特定物」を意味に含みます。
 
I saw you in some newspaper.
(私はあなたをある新聞で見ました。)
 
 
 また、肯定文で「any」を使う場合は、「どんなものでも」というように異なる意味になります。

You can have any cake on the table.
(テーブルのどのケーキを食べてもいいです。)



倍数、分数、小数について
 ここで倍数と分数、そして少数の言い方についてふれていきます。

・<倍数について>
 2倍は「double」、3倍は「treble」または「triple」といいます。他には数詞に「fold」をつけて2倍は「twofold」、3倍は「threefold」ということもできます。
 
I ate a double portion.
(私は2人前を食べた。)


 同じ倍数でも「times」を数詞に続けて表すこともできます。しかし、2倍は「twice」というのが普通です。そして3倍からは「three times」というようになります。
 
I am twice your age.
(私はあなたの2倍の年齢です。)


・<分数について>
 分数は「分子→分母」の順番で読みます。そして分子には「数詞」、分母には「序数詞」をおきますが、分子が2以上になると分母の序数詞には、「s」をつけます(複数形になります)。
 
 ただし分母の「2分」には「half」を使います。「second」は使いません。
 また、「4分」には「quarter」もよく使われます。
 
4分の1 → one- fourth
5分の1 → one- fifth
5分の2 → two- fifths
 
30分 → a half hour
1/4ヤード → a quarter yard


・<小数について>
 小数点の読み方には「point」と「decimal」の2通りがあります。また小数点以下の数字は1文字ずつ読みます。次は読み方の例です。
 
3.14 → three point one four



「several」(いくつかの)
 「several」は「いくつかの」という意味ですが、実際の数量は漠然としています。たとえば「2〜10」くらい、「5〜6」くらい、「a few」より多いけれども「many」より少ないなどです。文脈やその時の感じ方によるとも言われています。
 そのような意味では「some」に似ていますが、「several」は「可算名詞」にしか使うことができないという違いがあります。

He has several watches.
(彼は数個の腕時計を持っています。)
I stayed at a hotel for several days.
(私は数日間ホテルに泊まりました。)



基礎からの英語学習の記述しき練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

a few と a little について
問題数:5問


some と any について
問題数:5問


今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます