英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 19-it is+形容詞の構文-


「It is 形容詞 for 人 to…」
 「for+人」で、「その人にとって」という意味を表す用法についてです。まず次の例を見てください。
 
It is necessary for him to read books.
(彼は本を読むことが必要です。)
 
 上の例は<It is+形容詞+for+人+to…>の型で表される文です。「to」の後は動詞の原形がおかれます。

 「for+人」にあたるのは、「for him」ですが、これは「彼にとって」という意味を持っています。
それから「to...」にあたる「to read books」は「本を読むこと」、「It is+形容詞」あたる「It is necessary」は「それは必要です」という意味を持っています。このように「彼にとって〜だ」という意味を表します。

It is difficult for him to learn French.
(彼にとってフランス語を習うのは難しい。)
It is hard for me to save money.
(お金を貯めることは私には難しいです。)



「It is 形容詞 of 人 to…」
 <It is 形容詞 of 人 to…>は、上の<It is 形容詞 for 人 to…>の「for」が、「of」に変わっただけです。「for」が「(人)にとって〜だ」という意味に対して、「of」は「(その人は)〜だ」というように、その人の「性質や評価」を表します。
 
 たとえば次の例を見てください。
 
It is kind of you to help me.
(私を手伝ってくれるとはあなたは親切な人だ。)
 
 このとき「of you」で「あなたは」を意味します。それから「to help me」で「私を手伝ってくれて」、「It is kind」で「親切だ」という意味を表しています。


It was careless of you to leave a pen in your house.
(家にペンを忘れてくるとはあなたは不注意だったね。)
[careless = 不注意]
It was good of you to visit me.
(私を訪ねてくれてありがとう。)


 次は人の性質や評価を表すときに使われる形容詞の例です。
 
brave(勇敢な)
clever(かしこい)
foolish(愚かな)
honest(正直な)
polite(礼儀正しい)
wise(利口な)



人を主語にした形容詞と「to不定詞」・「that節」
 I am glad. のような文は、形容詞を置いて人の感情や状態を表しました。(このことはDay18でふれています。)ここでさらに「to不定詞」を続けると、「(人が)そうなった理由」を表すことができます。

I am glad to hear that.
(私はそのことを聞いてうれしいです。)
I am happy to meet you.
(私はあなたに会えてうれしいです。)


 「(人が)そうなった理由」は「that節」を使って表すこともできます。この「節」とは「主語+動詞」のことをいいます。「that+主語+動詞」ということになります。しかし、口語では「that」が省略されます。

She is delighted that you are well.
(彼女はあなたが元気なので喜んでいます。)
You were lucky that you met her.
(あなたは彼女に会えて運がよかった。)



基礎からの英語学習の記述式練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

It is...forの構文について
問題数:5問


It is...ofの構文について
問題数:5問




今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます