英語喫茶モバイル看板




基礎からの英語学習の目次へ



Day 10-義務のhave toと義務、推量のmust-

 今回は義務を表すhave toについて見ていきます。またmustについてもその義務と推量を表す用法についてふれていきます。


「have to」
 「have to」は「〜をしなければならない」という「義務」や、その人にとって「必要」なことを意味します。義務の意味では「must」もありますが、意味の比較については後ほどふれていきます。
 しかし「have to」には義務の意味でも、社会的または一般的な義務の意味があります。
 
 また「have to」は、「have」と「to」の2語で、助動詞として使われます。
 型は<主語+have to+動詞の原形>で、「have to」の後に動詞を続けるだけです。「have」については、主語が三人称単数ならば「has」にします。

I have to take an exam.
(私は試験を受けなければなりません。)
We have to go out.
(でかけなければならない。)
She has to get up early.
(彼女は早くに起きなければならない。)

I had to do this work at once.
(私はこの仕事をすぐにやらなければならなかった。)
He had to help his mother yesterday.
(彼は昨日母親を手伝わなければならなかった。)



「don't have to」
 「have to」は助動詞として使いますが、その否定形は「do not」を前に置きます。助動詞として使いますが、否定文では一般の動詞として使うことになります。そして意味は「〜をしなくてもいい」になります。

You don't have to work very hard.
(そんなに一生懸命働かなくてもいいですよ。)
She doesn't have to explain this.
(このことを彼女は説明する必要がありません。)



「Do you have to」
 「have to」の疑問文は「Do」を文頭におきます。疑問文でも「have to」は、一般の動詞として扱われます。

Do I have to work next Sunday?
(次の日曜日は仕事をしなければなりませんか。)
Do we have to get up early tomorrow morning?
(明日の朝は早起きをしなければなりませんか。)
Did they have to wait very long?
(彼らはそんなに長く待たなければならなかったのですか。)



「must」
 「must」は「〜をしなければならない」というように、「義務」を表します。「have to」とは違い、主観的な義務の意味があります。そこで、外からの要因による義務には「have to」、自身の義務には「must」を使うことになります。たとえば、髪がのびて切らなければならないと考えている場合は、「must」を使うことになります。

We must wait our turn.
(順番を待たなければならない。)
[turn = 順番]
My car is very dirty. I must clean it.
(車がひどく汚い。洗わなければ。)


 また「must」には「have to」と違い、過去形や未来表現がありません。語形変化がないので、普通は現在のことにしか使われません。
 時制の一致で「must」を過去形にしなければならないような場合でも、そのまま「must」を使います。



「must」(推量)
 「must」は義務の他に「〜にちがいない」というように、「強い推量」の意味もあらわします。この場合「must be 〜」の型であらわすことが多いです。「be」の後には、形容詞などを置きます。

He must be very old.
(彼はとても高齢にちがいない。)
She must be tired.
(彼女は疲れているにちがいない。)



基礎からの英語学習の記述式練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

have toの表現について(その1)
問題数:5問


have toの表現について(その2:否定と疑問)
問題数:5問


mustの義務の表現について
問題数:5問


mustの推量の表現について
問題数:5問




今日のレッスンはこれで終わりです。
お疲れ様でした。



基礎からの英語学習の目次へ










Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます