英語喫茶モバイル看板




その発展的学習の目次へ


Advanced study 20-接続詞の応用(hardly when)-


「hardly(scarcely) 〜 when(before)」(するとすぐに)
 否定語の「hardly」と「scarcely」に、「when」または「before」を続けて接続詞的に使う場合があります。
 このとき「hardly(scarcely)」には「過去完了」、「when(before)」には「過去形」を用います。
 そうすると、型は<主語+had hardly(scarcely)+過去分詞、when(before)+主語+過去形動詞>になります。そして「hardly(scarcely)」のところで、「〜をするとすぐに」という意味をあらわします。
 
 「when (before)」の後に「主語+過去形」のように「文」が続くのは、「when (before)」が接続詞だからですが、それに対して「hardly (scarcely)」は副詞になります。

The door had hardly shut when she called me back.
(ドアが閉まったとたんに、彼女は私を呼びだした。)
I had scarcely gone to bed before someone knocked at the door.
(私が寝ようとしたとたんに、誰かがドアをノックした。)



「no sooner 〜 than」(するとすぐに)
 「no sooner 〜 than」は「hardly(scarcely) 〜 when(before)」と同じ意味で使えます。
 文の作りも同じで「no sooner」には「過去完了」、「than」には「過去形」を用います。「no sooner」は副詞として、そして「than」は接続詞として使うので、「than」の後には文が続きます。

I had no sooner arrived than I fell sick.
(私は到着したとたんに、病気になった。)



Advanced Study 練習問題

 記述式の練習問題です。半角英数字で解答してください。
 

接続詞の応用(hardly when)
問題数:5問




その発展的学習の目次へ









Copyright(c)英語喫茶
〜英語・英文法・英会話〜
サイト内の文章等の無断掲載を禁じます