英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>rather 副詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 rather 副詞

 「rather」には「やや」や「いくぶん」の他に、「かなり」というように広い意味がありますが、そこには「予想以上」という意味が含まれます。
 そして、修飾する形容詞や副詞は、その意味から程度を表すものになります。

 My hair is short.
 (私の髪は短いです。)
  
 My hair is rather short.
 (私の髪はやや短いです。)

 上は「rather」を使うことによって、訳に変化がおきていることをあらわしています。
 また、「rather」は肯定文で使うのが普通です。次は「rather」を使った例です。

 I'm rather tired.(私はかなり疲れました。)
 It is rather cold today.(今日はやや寒いです。)


「rather」はその「必要以上」という意味から、「bad」や「tired」など好ましくない意味で使う場合の形容詞や副詞を修飾します。
 それに対して好ましい意味の「well」や「nice」などには、「fairly」を使います。

 「short」や「thin」などどちらの意味でもない形容詞や副詞に対しては、「fairly」を使うと好ましい気持ち、「rather」を使うと好ましくない気持ちを意味に含むことになります。
 たとえば、次の2つの文を比較してください。

 ①The English test was rather easy.
 ②The English test was fairly easy.

 ①は「英語の試験が思ったよりも簡単だった」というように、「やさしすぎた」という意味です。
 それに対して②は「英語の試験が簡単で良い点が期待できる。」という意味の違いがあります。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます