英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>very と much 副詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 very と much 副詞

 「very」と「much」は、どちらも「非常に」や「とても」という意味です。
 「very」は形容詞と副詞を修飾し、「much」はおもに動詞を修飾します。(「much」は動詞の他に、比較級や最上級も修飾することができます。)

 I walked very carefully.(私はとても気をつけて歩きました。)
 This textbook is very important.(この教科書はとても重要です。)


 Do you see her much?(あなたは彼女とよく会いますか。)
 I don't like tea much.(私はあまりお茶が好きではありません。)

 上のように「much」は否定文と疑問文で使います。肯定文では使いません。


否定文で「very」を使うと、「さほどない」や「あまりない」という意味になります。

 This book is not very important.
 (この本はさほど重要ではありません。)


「very」を「much」の前に置くと、肯定文でも使うことができます。

 I like tea very much.








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます