英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>so と too 副詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 so と too 副詞

 「so」と「too」の意味ですが、
どちらにも「非常に」という意味があります。
 これらは副詞や形容詞の前に置いて、その意味を強めるために使います。
 しかし、「too」には「~がすぎる」というように、「必要以上」の意味があります。そこで「too」は、少し否定的な意味になります。

 She looked so happy.(彼女はとても幸せそうだった。)
 Don't speak so fast.(そんなに速く話さないでください。)

 The shirt is too large for her.(そのシャツは彼女には大きすぎます。)
 You are driving too fast.(あなたはスピードを出しすぎていますよ。)


「too」は「肯定文」の文末に置いて、「~もまた」という意味で使うことができます。

 She is pretty.(彼女はかわいいですね。)
 I think so too.(私もそう思います。)

 「also」にも同じ意味がありますが、おく位置は文中になります。
 また「also」は堅い印象を与えますので、上のように「too」を使うほうが普通です。

 He also speaks English.(彼も英語を話します。)


「否定文」の場合は「too」ではなくて、「either」を文末において使います。
 次はその例ですが、「~もまた」の意味ではこのように「too」と「either」を、肯定文と否定文で使い分けなければなりません。

 He is not coming either.(彼もまた来ません。)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます