英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>far 副詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 far 副詞

 「far」と「away」が一緒になった「faraway」は副詞でなく形容詞です。「遠く離れた」という意味で、名詞の前だけに置いて使います(限定用法)。

 a faraway place


 また、「as」と「far」を一緒に用いた「as far as」には、「~をする限り」や、「~まで(場所)」という意味があります。

 ・<~をする限り>
 As far as I know, she will come next week.
 (私の知る限りでは、来週彼女は来るでしょう。)
 As far as I can remember, the hotel is thirty years old.
 (私の記憶する限りでは、そのホテルは30年経っています。)
 As far as the eye could see, the desert stretched.
 (見渡す限り、砂漠が広がっていた。)

 ・<~まで>
 He went as far as Kyoto.(彼は京都まで行った。)
 He walked with her as far as the sea.(彼は彼女と海まで散歩をした。)

 上のように「as far as+主語+動詞(節)」「~をする限り」という意味で使われます。<as far as+場所>では、「~まで」という意味になります。
 否定文では最初の「as」が「so」になった、「so far as」が代わりに使われることもあります。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます