英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>副詞の作り方(例外2)



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 副詞の作り方(例外2)

 形容詞と副詞の形が同じもの(late や、near など)の中に、語尾に「ly」のつくものがあります。
 たとえば形容詞の「direct」には、「direct」と「directly」の2つの副詞があります。
 このとき2つの副詞の意味はあまりかわりませんが、全く意味が変わる副詞もあります。
 次は意味が変わらない例と変わる例です。

・<意味があまり変わらない例>
 quick(すばやく)
 slow(ゆっくり)
 loud(大声で)
 clear(はっきりと)
 tight(かたく)
 bright(明るく)


・<意味が変わる例>
 hard(熱心に)→ hardly(ほとんどしない)
 close(近く)→ closely(綿密に)
 late(遅れて) → lately(最近)
 high(高く)→ highly(非常に)
 near(近くに)→ nearly(ほとんど)


 He stayed up late.(彼は遅くまで起きていた。)
 [stay up = 寝ないで起きている(= sit up)]
 He has published the book lately.(彼は最近本を出版した。)

 He can sing high.(彼は高い声で歌うことができる。)
 He was highly pleased.(彼は非常に喜んだ。)


「close」は[klo'us]と発音します。
 「close」は動詞としても使うことができますが、その場合は[klo'uz]と発音します。
 意味は「閉じる」や「終わる」です。

 また、「lately」には同じ意味で「recently」、「of late」があります。しかし「lately」については、現在完了形で使うのが普通です。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます