英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>副詞の作り方(例外1)



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 副詞の作り方(例外1)

 例外として①形容詞と副詞の形が全く違うもの、②形容詞と副詞の形が同じもの、③形容詞としてだけ使われるものがあります。
 ①の形容詞と副詞の形が違う例として、形容詞「good」の副詞は「well」になります。
 「good」を副詞として普通は使いません。

 ②の形容詞と副詞の形が同じ例では「fast」などがあり、よく使われるものが多いです。
 たとえば次のような例があります。これらは当然形容詞としても使うことができます。

 late(遅れて)
 near(近くに)
 hard(熱心に)
 high(高く)
 direct(まっすぐに)
 enough(十分に)
 daily(毎日)
 low(低く)


 The streetcar arrived ten minutes late.(市電は10分遅れで到着した。)
 He worked hard.(彼は一生懸命働いた。)
 An airplane flew low.(飛行機は低空で飛んだ。)


 ③の形容詞としてだけ使われる例には「lonely」があります。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます