英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>倍数、分数、小数



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 倍数、分数、小数

 倍数と分数、そして少数の言い方についてです。

・<倍数について>
 2倍は「double」、3倍は「treble」または「triple」といいます。
 他には数詞に「fold」をつけて2倍は「twofold」、3倍は「threefold」ということもできます。

 I ate a double portion.(私は2人前を食べた。)


 同じ倍数でも「times」を数詞に続けて表すこともできます。
 しかし、2倍は「twice」というのが普通です。
 そして3倍からは「three times」というようになります。

 I am twice your age.(私はあなたの2倍の年齢です。)


・<分数について>
 分数は「分子→分母」の順番で読みます。
 そして分子には「数詞」、分母には「序数詞」をおきますが、分子が2以上になると分母の序数詞には、「s」をつけます(複数形になります)。

 ただし分母の「2分」には「half」を使います。「second」は使いません。
 また、「4分」には「quarter」もよく使われます。

 4分の1 → one- fourth
 5分の1 → one- fifth
 5分の2 → two- fifths

 30分 → a half hour
 1/4ヤード → a quarter yard


・<小数について>
 小数点の読み方には「point」と「decimal」の2通りがあります。
 また小数点以下の数字は1文字ずつ読みます。次は読み方の例です。

 3.14 → three point one four


「multiple」と「manifold」には、「多様の」という意味があります。


Five times ten is fifty.
 (10×5は50です。)

 上の例で、日本語から見ると英語では、「10」と「5」が逆になります。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます