英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>数詞・序数詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 数詞・序数詞

 数詞とは「one」や「two」のことを言います。
 「12」までは形が異なりますが、「13」からは「teen」のついた形になります。


1 one
4 four
5 five
11 eleven
12 twelve
13 thirteen
17 seventeen
19 nineteen


 20以上は「twenty」などに「-(ハイフン)」をつけてから、「one」などを続けます。


20 twenty
30 thirty
40 forty(fourtyではありません)
50 fifty
80 eighty
90 ninety
21 twenty-one
32 thirty-two
97 ninety-seven


 100以上では「hundred」の後に「and」を続けますが、アメリカ英語ではよく省略されます。
 また「s」は数詞の後には続けません。
 × two hundreds

101 one hundred (and) one
151 one hundred (and) fifty-one
1,000 one thousand
10,000 ten thousand
480,281 four hundred (and) eighty thousand two hundred (and) eighty-one


 さらにそれ以上の例です。3桁ずつ呼び方が変わっていきます。


百万 one million
10億 one billion
1兆 one trillion


・<序数詞について>
 序数詞とは、「~番目」を表すことを言います。


1 first
2 second
3 third


 4番目からは「th」をつけた形になります。


4 fourth (forthではありません)
5 fifth
9 ninth (ninethではありません)
12 twelfth(スペル注意)
20 twentieth
21 twenty-first
22 twenty-second


漠然とした数の例です。この場合は語尾に「s」がつきます。

 hundreds of(何百の)
 thousands of(何千の)
 millions of(何百万の)


年齢の言い方には次のような例があります。

 a. She is ten years old.
 b. She is a ten-year-old girl.

 上の(b)の「year」は複数形ではありませんが、これは「-」で結ばれているために、「ten-year-old」が1つの形容詞になったものです。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます