英語喫茶~英語・英文法・英会話~
英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 have to

 「have to」は「~をしなければならない」という「義務」や、その人にとって「必要」なことを意味します。
 義務の意味では「must」もありますが、意味の比較については後ほどふれていきます。
 しかし「have to」には義務の意味でも、社会的または一般的な義務の意味があります。

 また「have to」は、「have」と「to」の2語で、助動詞として使われます。
 型は<主語+have to+動詞の原形>で、「have to」の後に動詞を続けるだけです。
 「have」については、主語が三人称単数ならば「has」にします。

 I have to take an exam.(私は試験を受けなければなりません。)
 We have to go out.(でかけなければならない。)
 She has to get up early.(彼女は早くに起きなければならない。)

 I had to do this work at once.
 (私はこの仕事をすぐにやらなければならなかった。)
 He had to help his mother yesterday.
 (彼は昨日母親を手伝わなければならなかった。)


「have to」の代わりに「have got to」も使われます。
 しかし「習慣」の意味を表す場合は、「have to」のほうを使います。

 I usually have to get up at six.


「had to」は「have(has) to」の過去形です。
 「have(has)」は「had」に変化します。
 また未来をあらわす場合は、「will」を「have」の前に置いて、「will have to」にします。そうすると「~をしなればならないでしょう」という意味になります。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます