英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>might 助動詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 might 助動詞

 「might」は「may」の過去形です。
 「may」と同じ推量と許可の意味がありますが、推量の場合はより実現の可能性が低いことを表します。
 許可の場合は、控え目な表現になります。
 しかし推量の意味以外には、あまり使われません。

 「might」過去形ですが、表すのは現在のことです。

 She might be in London by now.
 (彼女はもうロンドンに着いているかもしれない。)(推量)
 He might take you for a girl.
 (彼はあなたを女の子と間違うかもしれない。)(推量)
 [take A for B = AをBだと思う]


「might」の推量は「may」よりも実現の可能性が低くなりますので、「(ひょっとして)~かもしれない」という意味が含まれます。
 しかし最近は、「may」と「might」の間にはあまり差がなくなっています。

 また「may」は許可に、「might」は推量に使う傾向があります。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます