英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>same 代名詞用法(指示代名詞)



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 same 代名詞用法(指示代名詞)

 代名詞の「same」には「同じこと」や「同じもの」という意味があります。
 また「same」は代名詞の他に、形容詞としても用いられます。ここではこれら「same」の2つの用法について解説をしています。
 形容詞として用いられる場合は、よく「as」や「that」と一緒に用いられます。

1.代名詞のsame
 代名詞の「same」は普通、「the」と一緒に用いられます。
 そしてthe sameという形で、「同じこと」や「同じもの」という意味を表します。
 このthe sameは、すでに出ている前の語句や文の内容を受けて表します。

 a. Can I have a cup of coffee?
 (コーヒーをください。)
  Give me the same, please.
 (私にも同じものをください。)
 b. She did the same, again.
 (彼女はまた同じことをしました。)


2.形容詞のsame
 形容詞の「same」は、よく「as」や「that」と一緒に用いられます。このときの「same」は後ろに出てくる語句や文の内容を受けます。
 「as」や「that」と一緒に用いられる場合は、the sameの受ける内容が「as」や「that」以下にあります。

 a. I have the same car as you have.
 (私はあなたと同じ車を持っています。)
 b. This mobile phone is the same size as I use.
 (この携帯電話は私が使っているのと同じサイズです。)
 c. He does not think the same way as we do.
 (彼は私たちと同じ方法を考えません。)

 上の例でthe sameは「as」と一緒に用いられています。
 この「as」については、代わりに「that」を用いることができます。
 たとえば上のaの例で、「as」の代わりに「that」を用いると次のようになります。
 d. I have the same car that you have.

 上の例では「as」が「that」と入れ替わっただけです。
 「that」の代わりとしては、「who」なども用いられることがあります。

 「as」と「that」の用い方の違いですが、「as」を用いるときは動詞を省略することができますが、「that」では動詞を省略することができません。

 e. I have the same car as you have.
 f. I have the same car as you.
 g. I have the same car that you have.
 *h. I have the same car that you.

 上の例で「as」を用いる場合は、eのyou haveでもfのyouでも使うことができます。
 しかし「that」を用いる場合は動詞を省略することができないので、gは使うことができますが、hは使うことができません。


the sameの前に「all」を付けた、all the sameは、「どうでもよいこと(同じこと)」という意味と、「やはり」や「それにもかかわらず」という意味があります。
 a. Whatever she does, it is all the same to me.
 (彼女が何をしても、私にはどうでもよいことです。)
 b. It is difficult to read the book for me, but all the same I have to do it.
 (私にとってその本を読むことは難しいですが、それでも私はそれをしなければなりません。)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます