英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>such 代名詞用法(指示代名詞)



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 such 代名詞用法(指示代名詞)

 代名詞の「such」には、「そのような人」や「そのようなこと」という意味があります。
 そして前に出ている語句や文を受けます。
 代名詞の他に、形容詞としても用いられますが、ここでは代名詞の用法と形容詞の用法の2つについて解説をしています。

1.代名詞のsuch
 「such」は代名詞として「そのような人」や「そのようなこと」という意味で、すでにでている語句や文の内容を受けて表すことができます。
 a. Such is life.
 (人生なんてそんなものです。)
 b. Such is the case.
 (事情はこの通りです。)
 c. I bought tickets, such is the demand to see this game.
 (私はチケットを買いました、それはこの試合を見るために必要とされます。)

 上の例で用いられている代名詞の「such」ですが、「such」が既出の語句や文の内容を表しています。


2.形容詞のsuch
(1)形容詞のsuchが前に出ている語句や文の内容を受ける用法
 形容詞の「such」は、「such+名詞」の形で用いられます。
 「a」や「an」の冠詞が用いられる場合は、suchの後ろに置かれるところに注意が必要です。
 その場合は「such+a(an)+名詞」の形になります。このとき冠詞の「the」は、普通用いられません。
 この場合の「such」は、「そのような」という意味になります。
 a. She did such a thing.
 (彼女はそのようなことをしました。)
 b. He is such a nice man.
 (彼はそのように良い人です。)


(2)形容詞のsuchが後ろに出てくる語句や文の内容を受ける用法
 形容詞の「such」が、その後ろに出てくる語句や文の内容を受けるには「as」と一緒に用いる用法があります。
 a. I am not satisfied with such a small salary as this.
 (私はこのような少ない給料には満足していません。)
 b. Don't say such things as a joke.
 (冗談でそのようなことを言ってはいけません。)

 これまでの「such」は既出の語句や文の内容を受けていましたが、上のように「as」と一緒に用いることで、「as」以下の内容を受けるようになります。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます