英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>名詞の数(名詞のsの付け方)



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 名詞の数(名詞のsの付け方)

 英語の名詞には単数と複数の区別があります。
 日本語にも数の概念はありますが、文法上にはその概念がありません。
 英語では文法上に数の概念が存在することから、名詞には単数形と複数形の区別があります。
 ここでは単数形の名詞を複数形にするときの方法などについて説明をします。

(1)規則的に変化をする名詞
 これは単数形の名詞にsまたはesを付けます。
 大概の名詞は、単数形の語尾にsまたはesを付けることで、複数形の名詞にすることができます。
 cats(ネコ)
 dogs(イヌ)
 dishes(皿)
 watches(時計)

 単数形の語尾にsまたはesを付ける方法以外では、たとえば名詞が「子音+y」で終わる語の場合があります。
 この場合yをiに変えてからesを付けます。
 city(都市) → cities
 copy (写し)→ copies

 ただ、「母音+y」の名詞は、yはそのままでsだけを付けます。
 day(日) → days
 key(鍵) → keys

 また語尾がfで終わる名詞には、fをvに変えてからesを付ける語があります。
 half(半分) → halves
 leaf(葉) → leaves

 ただ、語尾がfで終わる名詞でもsだけを付ける名詞があります。
 roof(屋根) → roofs


(2)不規則に変化をする名詞
 不規則に変化をするとは、名詞の語尾にsやesが付かずに、名詞の形が変化します。たとえば次のような例があります。
 child(子供) → children
 man(男) → men
 tooth(歯) → teeth
 mouse(ネズミ) → mice


単数形と複数形が同じ形の名詞があります。
 たとえば鳥や魚などの動物を表す名詞です。
 sheep(ヒツジ)
 fish(魚)
 carp(コイ)

 He caught one fish.
 (彼は魚を1匹釣りました。)
 He caught three fish.
 (彼は魚を3匹釣りました。)


常に複数形で使われる名詞についてはこちらを参照。
常に複数形の名詞について








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます