英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>I would rather 仮定法



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 I would rather 仮定法

 I would rather に動詞の原形ではなく、「主語+過去形」を続けると「むしろ~だといいのに」という意味で使うことができます。
 この「rather」以下の文は仮定法になります。
 仮定法を使うところから、間接的に控え目な表現として使うことができます。

 I would rather she went there.
 (彼女がそこへ行ってくれるといいのだが。)
 We would rather he told her about it.
 (彼がそのことについて彼女に伝えてくれるといいのだが。)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます