英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>whichの非制限用法 関係代名詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 whichの非制限用法 関係代名詞

 関係代名詞「which」の非制限用法も先行詞を明確にするわけではなく、その先行詞に説明を加えていきます。
 そして、「which」の前には「,」をおきます。

 I borrowed her book, which is difficult for me.
 (私は彼女の本を借りましたが、それは私にとって難しいです。)

 この「which」は「her book」を特に明確にすることなく、その説明を加えています。
 この場合、「and」や「but」の意味になります。

 The jewel, which I gave to her, is her favorite.
 (私があげた宝石は彼女のお気に入りです。)
 He wrote her a letter, which she didn't answer.
 (彼は彼女に手紙を書きましたが、彼女は返事を出しませんでした。)


 ところで、「which」の非制限用法には、上のように語句を先行詞にする他に、文の内容を先行詞にすることもできます。

 He quit the job, which was not surprising.
 (彼は仕事を辞めたが、驚くことではなかった。)
 John said he could swim, which was a lie.
 (ジョンは泳げると言ったが、それはうそでした。)


非制限用法の「which」は、目的語に相当していても省略することができません。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます