英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>前置詞の目的語のwhich 関係代名詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 前置詞の目的語のwhich 関係代名詞

 「of which」は所有をあらわしますが、この他に「to which」や「for which」、「with which」のように関係代名詞の「which」が前置詞の目的語になる場合があります。
 次の例を見てください。

 The discussion to which we introduced a new plan is under consideration.
 (私達が新しい計画を持ち出した討論は、議論中です。)

 ここで使われている関係代名詞の「which」は「to」の目的語になっています。
 この文は次の2文からできています。

 ①The discussion is under consideration.
 ②We introduced a new plan to it.

 ②の「it」が①の「The discussion」のことです。そして②の「it」を「which」に置き換えて、前置詞の「to」と一緒に②の文頭に持ってきてから①に挿入して文を一緒にしています。

関係代名詞の前置詞の目的語について 関係代名詞の前置詞の目的語について

 前置詞の目的語の「which」は省略をすることができません。
 口語では前置詞が残されて「which」だけが前に移動してきます。その場合の「which」は省略されます。

 The discussion we introduced a new plan to is under consideration.


 これは他の関係代名詞でも同じです。

 The man to whom we'll apply this rule committed an injustice.
 (私達がこの規則を適用するその人は、不正を働きました。)

 上の文は、次の2つからできています。

 ①The man committed an injustice.
 ②we'll apply this rule to him.

 口語では前置詞が残されます。そして関係代名詞は省略されます。

 The man (who) we'll apply this rule to committed an injustice.

 「whom」を残す場合は、そのまま残さずに上のように「who」にするのが口語的です。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます