英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>仮定法過去と仮定法過去完了の応用



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 仮定法過去と仮定法過去完了の応用

 次の文は仮定法過去完了の「if節」と仮定法過去の帰結の節でできています。

 If I had eaten that cake, I would have a stomachache.
 (もしも私があのケーキを食べていたら、「今頃は」腹痛をおこしていただろう。)

 この文のIf I had eaten that cake は仮定法過去完了で、時間的には過去に対する仮定を表しています。
 それに対してI would have a stomachache は仮定法過去なので時間的には現在に対する仮定を表しています。
 これは「あのときケーキを食べなかったので(過去の時点)、今は腹痛をおこさずにいる(現在の時点)。」という意味で解釈します。


仮定法には「仮定法現在」というものもあります。
 仮定法現在は動詞の原形を使って仮定をあらわしますが、現在では「提案」や「要求」をあらわす「that節」以外ではほとんど使われません。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます