英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>独立分詞構文



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 独立分詞構文

 独立分詞構文とは分詞構文に主語を加えたものをいいます。
 分詞構文よりも文語的なのであまり使われることはありません。
 たとえば、次の例を見てください。

 Beginning to fall, I went home.

 上の下線は分詞構文ですが、このままでは意味が通らない文となり、使うことができません。
 それはこの文をそのまま日本語にすると「降り始めたので、私は家に帰りました。」となり、何が降り始めたのかがわからないからです。
 それに対して次の例を見てください。

 Reading a magazine, he felt hungry.

 上の例では意味が通っていることになります。
 それは雑誌を読んでいるのも、空腹を感じたのも同じ「he」だからです。
 分詞構文には、主語が同じでなければならないという約束事があるのです。

 そこでもう一度最初の文を考えると、下線の分詞構文の主語はもう一方の文の主語である「I」とは違うことがすぐにわかります。
 そこで新たに分詞構文の主語となる語をおく必要がでてきます。
 たとえば降り始めたのが「雨」ならば、その分詞構文の文頭に「The rain」をおきます。そうすると次のようになります。

 The rain beginning to fall, I went home.
 (雨が降り始めたので、私は家に帰りました。)

 こうすると、独立分詞構文として使うことができます。
 「The rain」と「beginning」の間には「be動詞」もなく、主語の後にいきなり現在分詞が続いていることになりますが、文としては成立しています。


 We looking out of the window, a plane was flying away.
 (私達が窓から外を見ると、飛行機が飛んでいきました。)
 It being late, we should go home.
 (遅いので、私達は家に帰ったほうがいいです。)

 最初の文で、分詞構文の意味上の主語「we」は、文の主語「a plane」とは異なるため、分詞の前に置いています。次の文も同様です。


The rain beginning to fall, I went home. の「The rain」のような主語を、「意味上の主語」といいます。


本来ならば独立分詞構文なのに、意味上の主語を加えずに使う場合があります。
 しかしあまりすすめられません。
 ただし、決まり文句として使われているものがいくつかあります。(この場合、意味上の主語は、「一般の人々」になっています。)

 Generally speaking, a plane ticket is more expensive than a train ticket.
 (概して、航空券は電車の切符よりも高いです。)
 Talking of the novel, the sequels will be published.
 (その小説といえば、続編が出版されますよ。)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます