英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>should 助動詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 should 助動詞

 「should」は「shall」の過去形です。
 「~をしたほうがいいですよ」や「~をするべきです」というように、「義務」や「当然のこと」を表します。
 「助言」の意味で使われることが多いですが、形は過去形でも話していることは現在の時点です

 型は<主語+should+動詞の原形>で、shouldに動詞を続けるだけです。
 否定形は「should not (またはshouldn't)」になります。

 It was a good movie. You should see it.
 (それはいい映画でしたよ。見たほうがいいですよ。)
 You should apologize to her for your behavior.
 (彼女にあなたの行動について謝ったほうがいい。)
 [apologize = 謝る<apologize+to人+for事>、behavior = 態度;行動]
 You should see a doctor.(医者にみてもらったほうがいいですよ。)
 [see(consult) a doctor = 医者にみてもらう]


 「should」を否定形で使うと「~をしないほうがいいですよ」となります。

 You shouldn't stay at home all day long.
 (一日中家にいてはだめですよ。)
 [all day long = 一日中]
 She shouldn't speak so loudly.
 (彼女はあんな大きな声で話さないほうがいい。)


「should」は「~をするはずだ」や「たぶん~だろう」というように、「推量」を表すこともできます。
 確信度は「may」よりも強いですが、「must」よりは弱いです。
 また、形は過去形でも現在のことを表します。

 She is coming by car. She should arrive in twenty minutes.
 (彼女は車で来ます。20分で到着するはずです。)
 According to the weather forecast, it should rain today.
 (天気予報によれば今日は雨が降るはずだ。)








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます