英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>no sooner ~ than 接続詞



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 no sooner ~ than 接続詞

 「no sooner ~ than」は「hardly(scarcely) ~ when(before)」と同じ意味で使えます。
 文の作りも同じで「no sooner」には「過去完了形」、「than」には「過去形」を用います。
 「no sooner」は副詞として、そして「than」は接続詞として使うので、「than」の後には文が続きます。

 I had no sooner arrived than I fell sick.
 (私は到着したとたんに、病気になった。)


「no sooner」も文頭におく場合は倒置をします。
 No sooner had I arrived than I fell sick.








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます