英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>倒置(否定的な副詞がある場合)について



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 倒置(否定的な副詞がある場合)について

 同じ副詞でも、否定的な副詞を文頭においた場合は、常に倒置が起こります。
 この場合、たとえ主語が「代名詞」であっても必ず倒置をします。
 このとき、動詞が助動詞やbe動詞でなければ「do」をおきます。たとえば次のようになります。

 She hardly knew the news.
 (彼女はそのニュースをほとんど知らなかった。)
 
 Hardly did she know the news.

 Rarely does he go for a drink.(彼はめったに飲みに行きません。)
 Never will he know.(彼は知らないよ。)
 Nowhere is this tendency.(この傾向はどこにもありません。)

 上のように代名詞に関わらず必ず倒置をします。

倒置(否定的な副詞の場合)の用法について 倒置(否定的な副詞の場合)の用法について



倒置は文語的になります。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます