英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>英語の文型



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 英語の文型

 He laughed.のような「主語+動詞」の文を「第1文型」といいます。

 He laughed.(彼が笑った。)

 He は「彼」という意味でこの文の主語にあたります。
 次のlaughed は laugh(笑う)の過去形の動詞です。


 He became famous.のような「主語+動詞+補語」は「第2文型」といいます。

 動詞には文の意味を補う語を必要とするものがあります。

 He became famous.(彼は有名になりました。)

 becameはbecome(~になる)の過去形で自動詞です。
 けれどもbecameだけでは何になるのかがわかりません。
 そこでbecameの後にはfamousという形容詞を続けて文の意味を補っています。これは目的語とは異なります。
 このように、形容詞などを続けて文の意味を補う語を補語といいます。


 I study English.のような「主語+動詞+目的語」は「第3文型」といいます。
 I study English.(私は英語を勉強します。)

 Englishはstudyの目的語です。目的語とは動詞の意味を受ける語をいいます。
 studyは「勉強する対象(この場合はEnglish)」を必要とする動詞です。
 そして語順は「主語+動詞+目的語」になります。


 I gave him the book.のような「主語+動詞+目的語+目的語」は「第4文型」といいます。

 他動詞には目的語を2個続けるものがあります。

 I gave him the book.(私は彼に本をあげた。)

 この文のIは主語で、gaveはgiveの過去形の動詞です。その後ろにはhimとthe bookの2つの目的語が続いています。
 この最初の目的語(この場合はhim)は間接目的語といい、次の目的語は直接目的語といいます。
 間接目的語には「(誰)に」という意味で主に「人」がおかれます。
 そして直接目的語には「(何か)を」という意味で主に「物」がおかれます。

 このように動詞には、2種類の目的語を続けるものがあります。
 また、この間接目的語と直接目的語の語順は逆にすることができます。その場合giveの間接目的語には「to」がつきます。
 I gave the book to him.(私は本を彼にあげた。)

 意味は少しだけ違っています。前の文は「何を与えたか」に重点をおいていて、後の文は「誰に与えたか」に重点をおいています。


 I boiled the eggs soft.のような「主語+動詞+目的語+補語」は「第5文型」といいます。

 上のような補語は他動詞の文で、目的語の後にも続けることができる場合があります。

 I boiled the eggs soft.(私は卵を半熟にゆでた。)

 boiledはboil(ゆでる)の過去形の動詞で、その後には目的語the eggsが続いています。
 そして目的語の後にはsoftという形容詞が続いています。
 これは卵をどのようにゆでたのかという意味を、補うためにおかれた補語です。


 このように英語の文のつくりには基本的に5つの文型があります。

 またこれらの5つの文型は、よく記号でもあらわされます。
 S=主語(Subject)
 V=動詞(Verb)
 O=目的語(Object)
 C=補語(Complement)

 第1文型 S+V
 第2文型 S+V+C
 第3文型 S+V+O
 第4文型 S+V+O+O
 第5文型 S+V+O+C


 自動詞と他動詞の観点から見た場合は、次のようになります。

 自動詞-第1文型 S+V
     第2文型 S+V+C

 他動詞-第3文型 S+V+O
     第4文型 S+V+O+O
     第5文型 S+V+O+C








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます