英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>can't have+過去分詞 助動詞と完了形



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 can't have+過去分詞 助動詞と完了形

 「can't have+過去分詞」で、「~をしたはずがない」という意味になります。
 これは過去のことに対しての「推測」を表します。
 この意味は「may have+過去分詞」と似ていますが、肯定の意味の場合は「may」を使います。
 そして否定の意味の場合は、この「can't」のほうを使います。

 They can't have seen it.(彼らがそれを見たはずがない。)
 Mary can't have told a lie.
 (メアリーがうそをついたはずがない。)


 「can't have+過去分詞」は、次のように「possible」を使って書き換えることができます。

 It is not possible that they saw it.

 「that」の後は過去形になります。そしてその前は現在形ですが、否定になっています。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます