英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>may have+過去分詞 助動詞と完了形



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 may have+過去分詞 助動詞と完了形

 「may have+過去分詞」は、「~をしたかもしれない」という意味です。
 これは、過去のことに対しての「推測」を表します。

 She may have forgotten about it.(彼女は忘れたのかもしれない。)
 He may have read my diary already.
 (彼はすでに私の日記を読んでしまっただろう。)

 「should have+過去分詞」も同じ意味で使うことができますが、「推測」の意味では、この「may have+過去分詞」のほうを使い、「should have+過去分詞」は「後悔」や「非難」を表す場合に使います。


「may」の代わりに「might」を使って、「might have」にしても同じ過去のことに対しての「推測」を表すことができます。
 可能性の意味は、より少ない意味になります。
 また、見た目は仮定法過去完了になってしまいます。

 She might have checked my phone logs.








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます