英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>I'd like to wouldの応用



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 I'd like to wouldの応用

 「I'd like to+動詞の原形」で、「~をしたい」という意味で使うことができます。
 「I want to+動詞の原形」や、「I like to+動詞の原形」も同じ意味ですが、それらよりも丁寧な言い方になります。

 また「I'd」は「I would」の短縮形ですが、口語では「I'd」にするのが普通です。

 I'd like to watch a soccer game on TV tonight.
 (今夜はサッカーの試合をテレビで見たいです。)
 I'd like to see her.(彼女に会いたいです。)


 また、「to+動詞の原形」のない I'd like だけに「名詞」を続けると、「(その名詞)がほしい」という意味で使うことができます。

 I'd like a coffee.(コーヒーが飲みたいです。)


 I'd like a drink.(飲み物がほしいです。)
 I'd like a glass of wine.(グラス1杯のワインがほしいです。)


「to」の後を完了形にすると、一段階過去の意味になります。
 これは「~をしたかった」という意味になりますが、結局「できなかった」という意味です。

 I'd like to have seen her.(彼女に会いたかった。)


「coffee」や「tea」は不可算名詞なので、普通は「a (an)」をつけられません。
 しかし、店などで注文するときは、「1杯のコーヒー」という意味でつけることができます。
 また「2杯のコーヒー」は、「two coffee(s)」になります。


注文する場合を除いては、不可算名詞を数えるときに「a cup of+名詞」などを使います。

 a cup of coffee(コーヒーを1杯)
 a bottle of beer(ビールを1本)


 また、複数を表す場合は「a cup of」のほうを複数形にします。

 two cups of coffee
 two bottles of beer








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます