英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>be going to と be about to



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 be going to と be about to

 「be about to」も「be going to」と同じで未来をあらわすことができます。
 比較的使われることは少ないです。
 2つの形式は似ていますが、意味は違っています。

 We were just about to go out when the phone rang.
 (私達がちょうど外出しようとしているところに電話が鳴った。)

 「be about to」は日本語訳にあるように、時間的に差し迫った未来をあらわします。
 「まさにしようとしている」という意味です。
 そのために、未来をあらわす副詞(tomorrowなど)とは一緒に使えません。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます