英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>what 関係代名詞その10



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 when 関係副詞

 関係副詞は接続詞的な副詞として使います。
 関係副詞の「when」は、「時」を表す先行詞を限定します。たとえば次の例を見てください。

 Don't forget the time when we first met.
 (私達が初めて会った時を忘れないでください。)

 上の例で先行詞は「the time」です。この文は次の2つを一緒にしています。

 ①Don't forget the time.
 ②We first met at the time.

 ②の「at the time」は、①の「the time」のことです。これを「when」に置き換えてから一緒にしています。


関係副詞(when)の用法について 関係副詞(when)の用法について



 「at the time」が1語の「when」だけで置き換えられるのは、「前置詞+関係代名詞」が「関係副詞」になるからです。

 at the time → at which → when


 She came to see the university on the day when it was demolished.
 (彼女は大学が解体される日に、それを見に来ました。)
 It rained on the night when we broke up.
 (別れたその夜は雨が降っていました。)


「前置詞+関係代名詞」をそのまま移動させて文を作ることもできますが、文語的になります。

 Don't forget the time at which we first met.








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます