英語喫茶~英語・英文法・英会話~

英語喫茶英文法の解説>仮定法過去完了



英文法の解説

英文法を品詞ごとなど
詳細に解説


 仮定法過去完了

 「仮定法過去」は現在の時点の仮定を表しますが、この「仮定法過去完了」は過去の時点の仮定を表します。
 たとえば、次の例を見てください。

 If I had left home early, I would have been on time.

 上の例は「もしも私が早くに家を出ていたら、時間に間に合っていただろう。」という意味ですが、これは過去のことに対しての仮定を意味しています。
 「あのとき~をしていたら」という意味が含まれます。

 仮定法過去完了の型も長いですが、これも数式のようにあてはめるだけです。

 <If+主語+過去完了の形, 主語+助動詞の過去形+have+過去分詞>

 上のようにif節で過去完了形を使い、主節で「助動詞の過去形+have+過去分詞」を使います。


仮定法過去の時間的な意味について 仮定法過去の時間的な意味について


 If I had had enough money, I could have bought the picture.
 (もしも十分なお金を持っていたら、その絵を買えただろう。)

仮定法過去完了の文型について 仮定法過去完了の文型について


 If we hadn't spent three hours in a traffic jam, we could have seen the aquarium.
 (3時間も交通渋滞でとられなかったら、水族館を見られたでしょう。)


 仮定法過去完了も仮定法過去と同じように、あくまでも「仮定」を表しています。
 したがって、その意味するものは過去の時点において実際は起きなかったことです。








<英語喫茶トップページへ>


Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます